マーク   島根県畳組合   マーク
 加盟店紹介
松江八束支部
 雲南支部 
 斐川支部 
 平田支部 
 出雲支部 
 大田支部 
 邑智支部 
浜田江津支部
益田鹿足支部
ホーム 加盟店マップ 畳替えの種類
畳のつくり 畳がいいね 使い方トラブル対処法カビ対策

畳のつくりはどうなってるの?

畳のつくりはどうなってるの?

縁(へり・ふち)
普通の畳縁は、主に細幅織物で作られ、材料としては、綿糸、人絹糸、ポリエチレン、ポリプロピレン、ナイロン、テトロンなどと、金糸を織り込む事も有り、お座敷用の紋縁も実用向きに作られたものが有ります。

畳表(おもて)
イグサを綿や麻の縦糸で織ったもの。産地やイグサの質(草の長さ、色、強さなど)、織り、密度の違いなどのよりたくさんの種類があります。
部屋の使い方や予算に応じて最適なものをお勧めします。

畳床(どこ)
○稲藁の間にポリエチレンフォームを挟んで縫い締めたもの。
○藁を使わず、インシュレーションファイバーボードとポリエチレンフォームを使ったものなどがあります。


Copyright 2006-2014 島根県畳組合 All rights reserved.