マーク   島根県畳組合   マーク
 加盟店紹介
松江八束支部
 雲南支部 
 斐川支部 
 平田支部 
 出雲支部 
 大田支部 
 邑智支部 
浜田江津支部
益田鹿足支部
ホーム 加盟店マップ 畳替えの種類
畳のつくり 畳がいいね 使い方トラブル対処法カビ対策

畳替えの種類

新畳
畳床も含めて全体を新品に取り替えることをいいます。
畳床は通常20〜30年使うことができますが、床板の状況、床下の湿気や換気の状態などによって違ってきます。
「畳の感触がぶかぶかする」、「畳の表面が波打っている」というような状態になったら畳床は寿命にきています。
表替えで済むのか、新畳にしなければならないか迷ったときにはご相談下さい。

表替え
過去に裏返しをした畳表が傷んできた場合、今使用している畳表をそのままで新しい畳表に取り替える作業です。
家族構成や日当たり、使用頻度などによって大きく差がありますが、畳表が擦れ始めたら裏返し可能な限界時期です。
目安としては3〜5年後です。洋服に毛羽がつくようになってからでは裏返しをしてもきれいにならず、長持ちもしません。その場合は、表替えとなります。
 畳表のきれいな状態でより長く使うことができます。
裏返しや表替えの場合には畳縁も新しく取り替えます。
 
裏返し
新畳をいれてから2〜3年目頃畳が日焼けしたり、傷み始めたら畳表を裏返しにして張り替える作業です。

※畳表の傷み具合が進みますと裏返しが出来ない場合があります。畳床(心材)に問題がなければ新畳のようになります!
裏返しは早めに行うことがポイントです!



Copyright 2006-2014 島根県畳組合 All rights reserved.