マーク   島根県畳組合   マーク
 加盟店紹介
松江八束支部
 雲南支部 
 斐川支部 
 平田支部 
 出雲支部 
 大田支部 
 邑智支部 
浜田江津支部
益田鹿足支部
ホーム 加盟店マップ 畳替えの種類
畳のつくり 畳がいいね 使い方トラブル対処法カビ対策

畳の正しい使いかた
   新畳や表替えをした最初の1年くらいは、畳表に養分があるのでカビに対する注意が必要です。
 梅雨や夏場はもちろん、冬場、暖房・加湿したまま留守にしてしまう部屋でもカビの発生しやすい「高温多湿」の状態になってしまいます。
 カビを予防するためには、
晴れた日には窓を開けて換気をし、こまめに掃除するように心がけてください。昼間留守にされて換気ができない方はエアコン(ドライ運転)をタイマーでまわすか、換気扇を回すと効果的です。
 カビが生えてしまったら、窓を閉め切ってエアコンを回すか、晴れた日なら窓を開け風を通してカビを完全に乾かしてから
必ず乾いたタオルで拭いてください。濡らして拭くとカビに水分を与えてしまいます。
 除湿機は機種によって温度が上がるものがあります。湿度が下がる前に温度が上がるとカビが発生しやすくなりますのでご注意ください。
 
   ダニは、人間の角質(フケやアカ)や食べこぼしなどをえさにし、カビと同様、高温多湿を好みます。こまめに掃除することが予防にも、発生後の対策にも最も効果的です(掃除機の中のゴミはこまめに処分してください)。それでもお困りでしたら畳店にご相談ください。  
   足のある家具(テレビ台、ベッド、机など)は、畳を傷めます。足の下に木の板などを置いてください。車の付いたものは、転がらないように注意してください。
 また、家具の金属が直接畳に触れていると、さびが出たり、さびによって畳表に穴があいてしまったりするので、間に新聞紙を入れるなどしてください。
 
   温風ストーブの噴出し口は、高温になり乾燥し、畳表が傷みやすくなりますので、ござやカーペットなどで保護してください。
 また、灯油を室内で補充し、こぼしてしまうと畳床まで染みてしまい、交換になることがありますので、畳の上では行わないでください。
 
   お掃除は、ほうきか掃除機をかけてください。掃除機やほうきをかける際、必ず畳の目に沿って行ってください。逆目がけすると畳表が毛羽立つのを早めます。
 汚れが目立つ場合は、固く絞ったタオルで拭き掃除し、後は充分風を通して乾燥させてください。ワックスや油のついたモップ、洗剤等で掃除すると、表面が黒ずんだり畳表の寿命を縮めたりすることになりますので、拭き掃除は乾いたタオルが効果的です。
 
   畳の上にじゅうたんやカーペットを重ねると畳と敷物の間に埃がたまり、ダニ発生やアレルギーの原因となります。
 また、新しい畳表の上に上敷きなどを重ね敷きすると、埃や通気性の悪化から畳表が変色し、裏返しがきかなくなります。
 新しい畳はそのままで感触を味わってください。上敷きは裏返し以降がお勧めです。
 


Copyright 2006-2014 島根県畳組合 All rights reserved.